株式市場でテラモーターズは仕手株の非対象企業

仕手株というのは仕手筋が密かに買い集めた株をある時大きく株価を吊り上げて、市場の参加者に売りつけるものであるためテラモーターズのように、株式市場に上場していない銘柄では行われません。
テラモーターズのように株式市場に上場していない企業の場合には、株の売り抜けを行おうとしても売りぬく相手を自ら見つけなければいけませんから通常であれば仕手株の対象となりえないのです。

しかし、例外としテラモーターズのように株式市場に未上場の企業であっても、企業相手に購入した株を高値で買い付けを迫るといった形の仕手株はないわけではありません。
株を大量に保有されれば経営権などを握られることになりますから、それを良しとしない企業がいた場合、仕手筋の言い値で購入をさせられることになりますがこのような形はあまり一般的ではありません。

そのため、仕手戦が行われる銘柄というのは株式市場に上場をしていて、時価総額が低く取引もあまり活発でない目立たない企業が狙われやすいものとなっています。
なぜこのような企業が狙われやすいのかというと、株価を簡単に吊り上げやすいので、集めた株を高値で売るには最適な銘柄となっているためです。
また、誰でも気軽に購入しやすい価格帯であるため買いが買いを呼ぶ状態になりやすく、自然と株価が上がりやすくなるため上昇をしたときには適度に集めた株を売り方にぶつけて株価を下げ、高値で掴んだ投資家が慌てて投げたところを安く拾って再び上昇、それを繰り返して株価を大きく吊り上げ途中で集めた株を全て綺麗に売りぬくという戦略をとりやすいため、株価操作を行いやすい時価総額も小さく、注目度も低い銘柄というのは狙われやすいものとなってます。