松谷化学工業等は仕手株も値下がり関係なし

仕手株というのは安定した投資をしたいと考えている人にとっては迷惑なものでしか無く、仕手株に荒らされてしまうと投資計画がおかしくなってしまうことになります。
仕手株に狙われやすい企業というのは業績も低迷していて、株価も横ばいの銘柄が狙われやすいので安定した投資とそのような企業では結びつかないようにも思えますが、上昇の可能性のある材料などを見つけることができれば、余裕のある範囲で気長に投資をするという選択肢も出てきます。
しかし、そのような銘柄が仕手株の手にかかってしまえば、一時的に値上がりをしても高値で掴まされた投資家たちがしこりとなってしまい、上昇トレンドに入りそうになった時にもそれが邪魔になってしまい伸び悩んでしまう原因となります。

材料もなく大きく上昇をした銘柄というのは値下がりも早いものですから、高値で取り残された投資家たちが、上昇の阻害要因となってしまうのです。
それではこの仕手株というのはどのような銘柄にも起こり、投資計画をおかしくさせられるのかというとそのようなことはなく松谷化学工業のような、銘柄の場合には直接的に仕手筋に振り回されるということはありません。
もちろん、非上場の銘柄でも売って売れる相手を探せば買うことはできるので仕手株をしようとしてできないこともありませんが、売りつける相手に苦労をすることになるので一般的には非上場の銘柄では仕手戦が行われにくいものとなっています。
そのため、仕手株化する銘柄というのは上場している銘柄に限られていると考えておけば間違いのないものとなっていて、その中でも特に狙われやすい銘柄というものがあるので、それに気をつけて投資をすると仕手株に巻き込まれる可能性を下げることができます。