アメニティ空間のハニーズが仕手株化するとき

ハニーズはレディスカジュアルのアメニティ空間として人気のお店ですが、株式市場ではこのハニーズが仕手株化することもないわけではありません。
ハニーズは業績が悪いわけでも、人気がない株のわけでもありませんから本格的な仕手株となることはありませんが、仕手株まがいの動きをするということはあります。

ハニーズでは株主優待として、全国のハニーズ店舗で使用することができる優待券を配布していますが、これは株主優待の中でも人気のあるもののひとつとなっているだけに、優待月が近くなってくると優待目当てで購入をする人が増えることで株価が上がりやすくなります。
そして、そのような動きに目を付けた仕手筋が株価を上下に揺さぶって、鞘取りをしようとすることがあります。
ただし、本格的に仕手化をするにしては規模の大きな銘柄となっているので、あくまでもこのように優待が迫っている時に仕手株のような動きを見せるという程度であり、これに関してはどのような銘柄でも多かれ少なかれある動きとなっています。
また、仕手筋だけでなく一般の投資家であっても優待直前は値が上がることを期待して投資をする人が多いので、優待目当ての会を読んで先に買っている投資家と優待を目当てに買いに回る投資家や、そこに仕手筋や機関投資家などが加わって優待直前というのは激しい値動きをすることも少なくありません。
株価が上下に振り回されれば資金力の乏しい一般投資家が、損を出してしまうことが多いだけにハニーズのような銘柄であっても仕手株化しやすい優待月などの時期というのはよく考えて投資をする必要があります。
また本格的な仕手株と比較すればおとなしい動きでもあるため、長期投資をするのであればあまり気にし過ぎないというのもひとつの考え方になります。