有名仕手株銘柄を知っておくことは大事

仕手株取引をする人にとっても、そうではない人にとっても有名仕手株銘柄を知っておくことは必要です。有名仕手株銘柄とは、たびたび仕手株として取引される銘柄を指します。一度取引されると、再び取引される傾向があることは頭に入れておかなければなりません。その理由は仕手筋と同じポジションを持つことで利益を得ようと考える人がいるからです。

このような人がいれば、仕手筋もやりやすいですし、このような人はおそらくたくさんいるでしょう。相場全体から見れば少数であっても、仕手株として取引されている銘柄に取引が集中すれば相場を動かすには十分です。過去に仕手につり上げられた銘柄は再びつり上げられるということが言われるようになれば、それを目的として投資家が集まるために、そう言われることによってそれがさらに確かなものとなっていきます。

このようなことから有名仕手株銘柄は再び取引される傾向があります。そもそもして株として取引される銘柄は限られているという点に注意が必要です。時価総額が大きすぎると仕手集団の資金力を超えて株価操作ができなくなりますから、基本は小型株です。浮動株比率の低くて時価総額の低いものが好まれます。

浮動株比率と時価総額の両面から見ていかなければならないのですが、そのためには東証が分類している小型株を利用すると良いです。東証の分類では、時価総額だけではなくて、浮動株比率も加味して分類していますから、これが最も適したものだと考えられます。有名仕手株もいくつかありますが、それらはやはり小型株に分類されていますし、そうではないものは二部市場や新興市場、あるいは地方市場などに上場しているという傾向があります。

↓仕手株のことならブタに聞け!!
仕手株を仕手ブタレポートで確認
↓投資顧問のことなら口コミで判断
口コミ・評判で投資顧問を徹底比較